読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫下僕の初心者DIY日記

初心者のDIYと、ときどき猫&スキー日記です

住宅ローンの借り換えその3:契約

借入先をソニー銀行にすることに決めました!

 

4月に入って三井住友信託銀行の長期固定金利がさらに下がり、かなり魅力的ではあったのですが、本申し込み書類の到着が遅れてしまい、万一本審査に落ちた場合は今月中の借り換えが出来なくなるので、順調に進んでいたソニー銀行で契約することにしました。

 三井住友信託銀行について

前回本審査に通ったような書き方でしたが、通ったのは仮審査でしたゴメンナサイ。ネット銀行の仮審査とは違うのでほぼ大丈夫だったとは思うのですが、保証会社が三井住友の関連会社ではなくなったことで、金利プラスの他に、保証金や手数料も上がってしまいました。長期固定の金利(30年1.05%)だけを見ると三井住友信託銀行なのですが。。。

 

ソニー銀行に決めた理由

  • 諸費用が安く40万以上差があった。
  • 翌月金利が前月途中で分かる。
  • 特定のATMで、出金手数料が何時でも何回でも無料。

なるべく手元に現金を残しておきたかったのと、固定金利はまだ下がる可能性があるので、変動で様子を見ながら適当なタイミングで固定に変更しようと思ったのと、ATMの使いやすさもあってソニー銀行に決めました。

現在はソニーに契約書類を返送し、JAと返済の手続きも進めています。

 

今頃気付いたソニー銀行のデメリット

JAとは今月でおさらばなので、メイン銀行をソニー銀行にしようかと色々手続きをし始めて初めて気付きました。私がメインで使っているヨドバシのゴールドポイントカードの引き落としなのですが、なんとソニー銀行にできないではありませんか。現在地銀から引き落としにしている共済もできません。

給与振り込み口座にして、ソニー銀行に一本化しようと思っていたのですが、見事に打ち砕かれてしまいました。

※私の職場の場合、給与振込口座にはできます。

 

そこで、元々持っていた住信SBIネット銀行を給与振込、カードの引き落とし口座にして、ソニー銀行の入金サービス(手数料無料で資金移動できる)を利用することにしました。ソニー銀行住宅ローン用になりそうなので、ATM手数料無料はあんまり意味なくなりそうですね。。。

まぁ、SBIを給与振り込み口座にすることで、こっちのATM無料回数が2回程増えそうですが。

 

そういえば住信SBIネット銀行の審査は?

落ちました(笑)

本家三井住友信託の関連保証会社の審査に落ちたわけですから、まぁ当然と言えば当然かもしれません。そういう意味では、条件は変わってしまいますが本家の方が審査通りやすいということになります。

 

まとめ

意外と手続きが早く、手数料が安い点が決め手になりました。

金利が良い銀行は他にもありますが(変動ならじぶん銀行など)、変動で様子見できる点は良いと思います。

銀行自体の使い勝手は、ATM手数料無料がメリットですが、対応していないクレジットカードが多く、税金や公共料金の引き落としにも対応していない点は要注意です。

 

 

 

gop-diy.hatenablog.com

 

gop-diy.hatenablog.com